カテゴリー別アーカイブ: 撮影メイキング

撮影メイキング(その5)

すっかり放置してしまい申し訳ないです。
というわけで、暑いし長いしわけがわからない夏も過ぎ秋になったところで、
「マンゴープリンたん」をやってくれたRiEさんの紹介です。

RiEさんが参加してくれた切っ掛けは、東山さんのイラストを見たこと。
「オリジナルで衣装作りたいな〜と、思っていたら
 ちょうど東山さんのイラストを拝見して、
 すごく可愛かったので制作していいか連絡を取らせてもらいました。
 そうしたら「実はこういう企画がありまして…!」と、あれよあれよと企画参加に。
 いやほんと恐縮であります」

衣装へのこだわりと、キャラに似せるためのポイントは?
ふわっふわしてるところに惚れたので、
 衣装はあのふわっふわなスカートを再現!
 東山さんからも「末っ子っぽく」と聞いていたのでそんなイメージで作りました。
 キャラに近づけるためには、無邪気さをがんば…がんば…っ!」

じつは、偶然にもRiEさんとは別件の飲み会で1、2度会っていたのですが
まさかこの企画で再会できるとは、それも「マンゴープリンたん」で? と。
だってRiEさんって、姉御ぽい印象があったんですよ(笑)。
しかし、そこはさすが世界コスプレサミット(WCS) 2009優勝者!
キャラをしっかり付かんで、当日の撮影に臨んでいただきました。
「おだてられりゃ調子に乗る。
 な感じで撮影はあれよあれよと終わった記憶ですw
 楽しかったですー!
 また3人でいちゃこらしたいです!」

まったく初対面とは思えないほど、和気藹々でいちゃこらする3人を
片隅から眺めることができて、まさに至福の時でございました(笑)

では最後に、「幸宴ファンブック」を購入していただいた方へ。
「撮影後にマンゴープリンと料理を実際に食べたのですが
 愛される理由がわかった気がします。
 まさに大人のファンブック!熱い!!!」

…というわけで、購入されたみなさん。ありがとうございます。
また「これを機会に」という方は、
通販もしておりますので、幸宴ファンブックWebへどうぞ。
http://koen.nazo.cc

撮影メイキング(その4)

気付くと今日はコミケ初日。
みなさんが明日「幸宴ファンブック」を手にする前に、撮影当日の話をしなければ……。

撮影当日。まずは、幸宴に行ったことがないRiEさん、圭さんと待ち合わせ。その後、ランチタイムが終わったばかりの「幸宴」さんへ向かい、ろいさん&カメラマンさんたちとも合流。撮影のセッティングをしつつ着替え開始です。

じつは、コスプレにあまり通じていない私は、この段階でな〜〜んにも想像できていませんでした。事前にお会いしていたRiEさんやろいさん、そしてこの日初めてお会いする圭さんが、この後、東山さんが描かれたイラストのキャラになるわけです。この「キャラ」になるというのが、頭の中で上手く変換できないというか、素の3人と東山さんのキャラを重ね合わせることが出来ない。まあ、私がソレを出来なくてもな〜〜んにも支障はないので自分の中ではスルー。それに、この後すぐ実物が見れるんですから問題なし(笑)。
というわけで、それから約1時間後。着替えやメイクが終わった3人は、まさに「キャラ」になっていました。それは作者である東山さんも納得&感心するほどの出来で、「イラストのイメージそのまま」「いや、それ以上です」「キャラが動き出すってこういうことなんですね」と、二人で撮影の合間に何度も同じようなことを話していたのを覚えています。

コスプレすげぇ! コスプレイヤーさんスゲェ! 衣装&メイクをここまで出来るって凄ぇ!
そんな撮影風景はコチラ。

roi01

kei01

rie01

撮影された写真は「幸宴ファンブック」に掲載されています。
興味を持っていただいた方はコチラへ↓
夏コミ(8月11日/日曜日)【東 ム-47b】

撮影メイキング(その3)

撮影当日の話をする前に、モデルさんを紹介しなければいけません。
というわけで、まずは「黒杏仁たん」をやってくれた圭さん。

圭さんがこの企画に参加したの切っ掛けは「杏仁たんコスプレ企画の衣装製作の募集」ツイート。そこで東山さんに「私でよければ作ります!」と連絡していただいたところ、何故か東山さんは「黒杏仁たんのコスプレどうですか!?」と勧誘。えっと…何故?(笑)。その真意はともかく、黒杏仁たんを観た圭さんは「自分の好みを凝縮したような子でした(´∀`*)」とその全てに惚れてしまい、コスプレにOKをしていただきました。

衣装作りで応募していただいただけに、黒杏仁たんの衣装はもちろん圭さんの手作り。そのポイントは?
「特に力を入れたのはウィッグです。
 あの髪型を再現をしたくて、フルウィッグを2個使って
 リーゼントと生え際も作りました!
 衣装はチャイナロンパースが可愛く出来たなと…!」

…えっと、ロンパースというのは「トップスとボトムスが一体型になった服」だそうです。東山さんの描かれたイラストの中には確かにその記載もありますが、そもそも二次元と三次元では格好良いポイントが違います。それをココまで再現するとは…。そしてヘアスタイルもまた見事。撮影当日出来上がったコスプレを観た時、東山さんも自分も再現性と存在感が凄過ぎて、ポカーンとしてしまいました(笑)

では、そんな撮影当日の感想を伺いましょう。
「みなさん優しくて、とっても楽しかったです!
 杏仁たんとマンゴープリンたんと並べてニヤニヤしてました・v・
 撮影後に念願の杏仁豆腐を食べれて幸せでした!」

最後に「幸宴ファンブック」を購入していただく方へ
「私自身、ファンブックの完成がとても楽しみです!
 コミケ当日、黒杏仁たんコスで
 スペースに遊びに行かせていただく予定ですので、
 見かけたら声かけていただけたらとっても嬉しいです(*´∀`*)」

…というわけで、夏コミ当日(11日/日曜日)は是非、
【東 ム-47b】へお越し下さい!

kei02

撮影メイキング(その2)

 明日はいよいよ夏コミの初日!
 猛暑日になる予報が出ていますが、みなさん暑さ対策はしっかりしてお出かけください。

 さて、撮影メイキングの続き(その2)です。
 3人のキャラを3人の女性にコスプレしていただくことが決まり、具体的に撮影の準備を始め、一番最初に困ったのは「撮影場所」でした。なにせ今回のキャラは「デザート」。都会のビル群や素敵な草原をバックに、というわけにはいきません。かといって、どこかハウススタジオを借りて、というのもねぇ〜。だって、同人誌ですし、突発的な企画なのでそんな予算なんてあるわけがないのです(汗)。そこで閃いたのが、今回のキャラたちが一番似合う場所であり居るべき場所。そう「幸宴」です!
 この写真が載る「幸宴ファンブック」は、幸宴ファンが自主的に作っている物なので、本来なら「幸宴」さん自体に負担やご迷惑を掛けることは御法度ですし、なるべく店長には黙って作るのが基本ルールだったのですが……。編集長さんにも了解を取り付け、店長に相談。「お店の営業時間以外なら」という了承を得ることができました。

 次の問題はカメラマンです。カメコをやっている友達は数人いますし、プロの知人も少なからずいます。でも今回は、どっちの要素もないと困ります。コスプのことを理解している上で、短い撮影時間でテキパキ進めてくれる人材。そんな便利な人なんて早々……。居ました。それが今回お願いした「Studio iG」さん。アニメ制作スタジオの「プロダクションI.G」さんが運営するレンタルスタジオで、カメラマンさんも所属しています。じつはそこのディレクターは「プロダクションI.G」のプロデュサーでもあり、以前から飲み仲間。それにカメラマンも最近は「宇宙戦艦ヤマト2199」関連イベントでお世話になっているという、まさに恰好の人材。そこで、こちらの状況を説明し、幾つかの無理を通してもらいつつお願いすることになりました。「Studio iG」さん、ありがとう!

コスプレを提案した責任者は誰だ!?w

擬人化キャラは3人いますので、協力していただいたコスプレイヤーさんも3人います。杏仁たんをやっていただいたろいさんは、ご自分で書き込みをしていただいていますので、私からは他のお二人を紹介しましょう。

黒杏仁たんは、圭さん( 圭さんのツイッター圭さんのブログ
マンゴープリンたんは、RiEさん( RiEさんのツイッターRieさんのブログ

おふたりは、これまでにもコスプレイヤーさんとして活動されていて、ご自身のサイトを覗くと……かなりの手練です(笑)。お二人がこのプロジェクトに参加していただいた経緯などは後で書きますが、このお二人の参加で、「幸宴デザート擬人化計画」が本格始動したのは間違いありません。…というか、東山さんと小林は、本気にならざるを得なかったという感じでしょうか(笑)。

具体的に紹介すると…。
東山さんは、コスプレに必要な衣装の細部デザインや、コスプレイヤーさんが成りきれるようにキャラクのキャラクター性(性格ね)を追加設定。小林は、3人のスケジュールを伺いつつ撮影日を割り出し、カメラマンと撮影場所を探すことになりました。

っていうかぁ〜。まったく、誰が「コスプレ」なんてアイデアを言い出したのか。今更ながら目の前に正座させて小一時間説教をしたいものです(←詳細は http://togetter.com/li/468764 にまとめられていますので御覧下さい)

[小林治]