勝手に1周年企画/特別な対談 その4


■再び擬人化計画は立ち上がるのか?

 

ろい:コミケで終わるはずがここまで(笑)。凄いですよね。

小林:あれから1年。サイトを維持してくれているKAZEさん(@KAZE)にも感謝です。

ろい:そして、まさかのこの対談(笑)。似顔絵を寄せてくれたみなさんにも、ありがとうございます。

小林:こんなことになるなら、もっとメイキングの写真を撮って置くんだった(笑)。

ろい:本当ですよ。

小林:今公開しているもの以外、写真はほとんどないなんて、信じてくれないかも(笑)。

ろい:私たちも自分撮り写真はあまりないですし。

小林:でもさ、メイキングを撮影するのって邪魔なんだよね(笑)。それにほぼ初対面の男がどう使うかわからない写真を……撮れないよね(笑)。

ろい:もしメイキングの写真がいっぱいあって、それを出していたら、観てくれる人たちも「おなかいっぱい」になっていたのかも。

小林:そうか、そういう可能性もあるよね。

ろい:意外に思う人もいるかもしれませんが、撮影した写真の点数もそんなに多くないですしね。

小林:最初は見開き1つ分(2P)という約束だったし時間も限られていたから、先にレイアウトと必要な写真点数を考えて予備として1つくらい撮影すれば程度。だからシチュエーションでいうと掲載された写真が全て。それに撮影点数もそこまで多くないんだよね。

ろい:そこから「私」としていい写真なのか「杏仁たん」としていい写真なのかを考えつつセレクトして。

小林:そう考えて選んでくれたのは嬉しかったな。でも、モデルもカメラマンも原作者(東山さん:@wuhlnouveau)も女性だから、じつは唯一の男性としてちょっとだけ意見は挟ませてもらったけどね(笑)。

ろい:そういう視点があったから、「これが同人企画なの?」という印象を持つページになったのかもしれないですね。ある意味自己満足で終わらないっていうか、それが物凄く良かったなって私は思っているんです。

小林:でも、企画としてそこ(自己満足で終わらないかという部分)は不安だったんだよね。「杏仁たんの擬人化」というネタがツイートされた時に「ろいさんがやれば」と返したのは自分が見たいと思ったからで、結果的に幸宴本を一緒に作った身内からの反応はとっても良かったけど、他はどうなんだろうって。

ろい:私が周囲の人たちから言われたのは「なんでコレを仕事でやらなかったの?」「色んな意味でクオリティが高過ぎる」「なんなのコレ!」って(笑)。仕事じゃないから許されている部分もいっぱいあるし、どうしても仕事の目線で見ちゃうから疑問に思う人もいるし(笑)。ほんと、立ち位置がわからない企画ですよね。でも、それが混ざっているから、みなさんが楽しんでくれたのかな。

小林:それならOKですよ。

ろい:そして、杏仁たん。マンゴープリンたん。黒杏仁たん。みんな楽しんでくれたかな?

小林:そうそう。元になったのはデザートですから。

ろい:それも、大切なのは「ふわぁふわぁ」とか「とろぉとろぉ」の部分。

小林:そのインパクトが大きかったからこそ、キャラクター化して。

ろい:そして擬人化。まさかの二段変身。全部合体みたいなものですよね。まるで最終回(笑)。

小林:だから次はない(笑)。

ろい:無理ですよね。

小林:誰か大金を持ったスポンサーが付けば別だけど、もう二度とこのメンバーで同じことは出来ないんだろうね。まだ1年も経っていないけど、それぞれの環境とかスケジュールとか全然違っているから。

ろい:そこも不思議ですよね。まるで違うところに居た人たちなのに、本当に偶然、奇跡的にかみ合った瞬間ですよね。本当に貴重な経験を貰いました。

小林:でも、幸宴本を手にしてくれた人たちはきっと「せっかく衣装を作ったんだから、またやって欲しいな」って思うんだろうな。冗談半分にせよ、実際「やればいいのに」って気軽にツイートする人もいたし(笑)。

ろい:私の周りにもいました。あれって本当に偶然というか、奇跡的な化学反応が起きて生まれた企画だから、もう一度はないかなって。もしあるとしたら、キャスト総入れ替え(笑)。

小林:新シリーズだね(笑)。エルドランシリーズみたいに、キーとなるものは一緒だけど違うキャストで。今度は中華鍋とか。

ろい:モデルは男性で。エルドランみたいに、また店長が出てくればOKみたいな(笑)。

小林:あと2回は作れる(笑)。

ろい:たまに、前作のキャラが片隅に出て来るんですね(笑)。

小林:話を戻すけど、レシピ(衣装)があっても同じ料理は出せない。材料とか集めるの大変なんだよっていうのはあるね。

ろい:そうそう。大変です。

小林:言い換えれば面倒(笑)。それなら、どこかスペースを借りて、衣装とか写真、元になった東山さんのイラストとかを展示する方がいいかな。まあ、それも出来ないからBlogがあるわけなんだけど(笑)。

ろい:私もBlogへの書き込みぐらいなら協力できますし。でも、撮影となると……ねぇ。

小林:あの時のテンションとかモチベーションを、となると難しいよね。残念だけどそういうものだし。

ろい:またそういうご縁やタイミングが重なる時があれば……みたいな感じにしておきましょう(笑)。

小林:杏仁たんたちにはなかなか会えないんだね。

ろい:妖精みたいなものだから(笑)。

小林:妖精だったのか(笑)。

ろい:会える可能性があるとしたら、幸宴で「ふわぁふわぁ杏仁豆腐」をご注文していただければ(笑)。

小林:「とろぉとろぉマンゴープリン」はあるけど、黒杏仁豆腐がないのが残念(笑)。

ろい:似ているものなら、「烏龍茶香るやわらかミルクプリン」が。

小林:そんなデザートメニューで楽しんでいただければ(笑)。

ろい:もしかしたら、会えるかもしれませんね(笑)。

————————————–

(おわり)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です