撮影の日を迎えるまで(1)


今日は撮影に至るまでのお話を書きます。
ここでは私目線でのお話なので、撮影立ち会いに至るまで…が正確かもしれません。

『日野ろいさんがリアル杏仁たんになる』という趣旨で始まったこのコスプレ企画は、
はじめの記事に書きましたとおり、
幸宴ファンブックの企画・運営・編集をされているKAZEさんによるファンブックの参加者を募るツイートがきっかけでした。
(KAZEさんはこのサイトのロゴやサイトデザイン・システム管理もされているハイスペックなデザイナーさんです)

公募が始まった時は、実はちょうど席をはずしていたので、後でタイムラインを見て正直ビックリしました。

ンポッ!

公募が始まった時の東山です。


この事態に対して「一旦世に出たものを…どう責任を取ればいいのか」と真面目に思考を巡らせながら顔面蒼白でした(笑)
今にして思えば、お二人=ろいさん・KAZEさんのこの瞬発力がなかったら、このプロジェクトも存在しなかったので…
鉄は熱いうちに打つべきですね。

ろいさんが持つキラキラ感に私が落ちた(テンションなどが「落ちた」ではなくて、恋に「落ちた」とかの方です…笑)というのもあります。
この企画をどうにかしないといけないような気がしました。
実際どうにかなったのは、ひとえに小林さんのご尽力以外に何ものでもないのですが…!
小林さん・ろいさんはじめ、この企画に参加くださった皆様には感謝してもしたりません。

この後、紆余曲折あったりなかったりですが、今は割愛します。
機会があれば思い出したように書くかもしれません。
RiEさんと圭さんがどのようにして参加されたかも、その時に書かせて頂きますね。
ひとまず、お二人については小林さんの記事をご参照くださいませ。

長い前置きでしたが、次回は撮影当日のお話をお届けします。
まだ続きます~。

東山マキ 2013-08-09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です